これであなたも注文住宅に詳しくなれる!誰かに自慢したくなる豆知識をご紹介!

こちらのサイトは、これからマイホームを建てたい人に向けた誰かに自慢したくなる家づくりにおける豆地域をご紹介しています。当コンテンツを読むことで、注文住宅の間取りを決めるのは工法や構造であること、それと家の広さおよび形は家を建てる場所の法令や法律で決まって来るなど、役立つ情報をご紹介しているので参考にされると良いでしょう。また、工法や構造にはどのような種類があるのか、このような部分にも触れています。

目次
  1. これであなたも注文住宅に詳しくなれる!誰かに自慢したくなる豆知識をご紹介!
    1. 注文住宅でよくある建築家には資格がない
    2. 個性的な注文住宅は大手ハウスメーカーや工務店でも実現可能
    3. 不人気の土地でも快適な注文住宅は建てられる
    4. 注文住宅の災害リスクは自治体のハザードマップで調査可能
    5. 注文住宅で取り入れられる3つの地震対策(2023.4.3)
    6. 注文住宅の住宅性能表示制度と耐震等級(2023.4.3)
    7. 防火地域の注文住宅はそのほかの地域より建築費が高い(2023.4.3)
    8. 耐火性能のアップで注文住宅の火災保険費用を節約(2023.4.3)
    9. 構造材より壁や窓の影響が大きい注文住宅の耐火性能(2023.4.3)
    10. 可変性が高い注文住宅はライフスタイルの変化にも対応しやすい(2023.9.1)
    11. 完成前の注文住宅も具体的にイメージできるVR技術(2023.9.1)
    12. 注文住宅のコストカットは優先度が低い条件から(2023.9.1)
    13. 注文住宅に向いている人と向いていない人(2023.9.1)
    14. 土地購入と同時に始められる注文住宅(2023.9.1)
    15. 注文住宅の断熱性能を上げるなら壁よりも窓に注目(2024.2.1)
    16. 生活の利便性を向上させたIoTに対応した注文住宅(2024.2.1)
    17. 注文住宅の工夫次第で防げる子どもやお年寄りの家庭内事故(2024.2.1)
    18. 欧米の生活スタイルへの憧れから広まった注文住宅でも一般的なダイニングキッチン(2024.2.1)
    19. 注文住宅に太陽光発電はお得なのか?(2024.2.1)

これであなたも注文住宅に詳しくなれる!誰かに自慢したくなる豆知識をご紹介!

注文住宅の家を建てるためには、基本的な知識を持つことが大切です。
最近は、インターネットを使えば注文住宅の基礎知識を得ることができるようになっているので便利ですが、基本を学んだ次には豆知識も得ることで注文住宅の家づくりは幅が広がる、住宅展示場のモデルハウスを利用するメリットが目的などが分かるようになります。
なお、モデルハウスは規模が大きくて自分たちが建てる家とはかけ離れているサイズですが、アイディアの宝庫といっても過言ではありません。

注文住宅でよくある建築家には資格がない

注文住宅の相談相手に、建築家と名乗る人を選ぶかもしれません。
建築関係に強く特に注文住宅には専門的な知識があると肩書から印象を受けるため、家づくりの専門家であると考えるでしょう。
しかし日本には、建築家という公的な資格は一切ありません。
資格があるのは建築士で、一級や二級などがあります。
公的な資格がないなら、極端な話をすれば誰でも名乗れるわけです。
家づく理の経験がまったくない人でも自由に使える肩書のため、資格がないという事実を知っていると、意味のない肩書だとわかるでしょう。
とはいえ注文住宅の建築にかかわっている人なら、専門的な知識は当然持ち合わせています。
まったく家づくりの経験がない、建築の知識がない人は注文住宅にはかかわっていないので、安心して相談してください。
過去の実績が豊富にある人なら、たとえ公的資格を所有していなくても有益なアドバイスをしてくれ、理想の家づくりを丁寧にサポートしてくれます。

個性的な注文住宅は大手ハウスメーカーや工務店でも実現可能

注文住宅を建てるときには、まず最初に建築事務所で相談することがよくあります。
ところが建築事務所で設計をしてからハウスメーカーなどに工事を依頼すると、工期が長くなって費用も高額になります。
しかしハウスメーカーや工務店でも設計の相談は可能であり、ワンストップで様々なサポートを受けることができます。
ウェブサイトやパンフレットで施工実績を調べると、個性的な注文住宅の建築に最適な工務店やハウスメーカーを選べます。
特に木造建築やコンクリート建築に幅広く対応した工務店は、こだわりのある家づくりでも非常に役立ちます。
一方で施主からの聞き取り調査を丁寧に行うハウスメーカーを選ぶと、ビルトインガレージ付きの注文住宅建築も容易になります。
けれども個性的な家を新築する場合には、分譲住宅を買うときよりも総費用が割高になります。
ローコスト住宅に強い工務店などを活用すると、低予算でイメージ通りのマイホームが実現できます。

不人気の土地でも快適な注文住宅は建てられる

通常よりも狭い狭小地、三角形などの変形地は、注文住宅を建てるときに人気がある土地ではありません。
日光が当たりにくい北向きの土地も不人気で、選ばれるのは南向きです。
注文住宅を建てるなら、高低差がなく正方形や長方形で、南向きの土地が絶対に良いと考える人は多いでしょう。
しかし一般的に不人気の土地でも、快適に生活できる注文住宅の建築は可能です。
狭小地や変形地でも設計次第では、実際の面積よりも広く感じられる住まいになったり、特徴的な形を生かしたお洒落なデザインにできたりもします。
北向きの土地でも採光を工夫すれば、日光が降り注ぐ明るい室内にできるでしょう。
注文住宅の快適性を決めるのは、土地だけではありません。
もちろん重要な要素ではありますが、プランナーの提案力次第で克服可能です。
それでいて人気のない土地は売れ残るため周囲より土地代が安いメリットがあるので、コストを抑えられるメリットもあるのでお得です。

注文住宅の災害リスクは自治体のハザードマップで調査可能

注文住宅の土地を購入するときに、始めにチェックしたいのが災害リスクです。
日本は地震が多いため地盤はもちろん、近年は巨大台風やゲリラ豪雨の影響により家屋の浸水も相次いでいます。
どのくらいの災害リスクがあるか事前にわかっていれば、危険な土地を購入する失敗はしません。
家族が安心して暮らせる注文住宅を作るためにも、災害について知っておく必要があります。
注文住宅の土地を購入する前に、必ず見ておきたいのがハザードマップです。
ハザードマップには地震や液状化現象、洪水や津波などさまざまな災害が発生したときの被害予測が記されています。
役所などで無料配布されていますし、自治体のホームページ上でも公開され誰でもチェックできるので、購入希望の土地が見つかったら最初に見ておきましょう。
ハザードマップをチェックし周辺の他の土地と比較をしておくと、安全な土地か判断できるようになり、災害に強い注文住宅を建てる理由にもなります。

注文住宅で取り入れられる3つの地震対策

近年頻発する大地震に備えるための工夫として、家具を固定したり逃走するための経路の確保など多々あげられます。いかに注文住宅とは言えども建物や住む人を守る地震対策を行い、より安心して生活できるという耐震性能を向上させていかなければなりません。その方法としては大別すれば3種類あり、まずは耐震構造であり家の強度をあげてしまうことになります。ただ、これは地震が発生した時に建物の倒壊を防ぐものであり、家の損傷は残り大がかりな修繕が必要になる可能性はあります。それでも入居者が建物の下敷きになってしまうという、危険性は少なくすることができます。次に制震構造という手法があり、強い地震の震動エネルギーを軽減できる工法になります。これで建物本体も大きな補修は避けることができ、生命の危険も大幅に減少していきます。最後に免震構造があり土地と建物の間に積層ゴム等を挟み、揺れを建物に伝えない構造にするという方法があります。これは建物の損傷も少なく大きな補修も不要になり、生活する人が不安感を覚えることも減少します。しかしデメリットとしては耐震構造よりも制震構造のほうが、さらに免震構造のほうが工事費も高くなってくる傾向が強いです。大きな地震に対して安心して生活できる注文住宅を建てるために、どのような構造にすべきかはエリアによる危険性も含めてじっくりと考慮するべきです。

注文住宅の住宅性能表示制度と耐震等級

注文住宅の家を建てるとき、住宅の価値を高める目的で住宅性能評価書の作成を検討される人も多いのではないでしょうか。この書類は、住宅性能表示制度に基づき交付される書類で、当制度は平成12年度に施行された住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づいたものです。住宅の性能を客観的に評価することができるようになるので、住宅性能評価書の取得は安全に設計および建設された住宅といった証明になるわけです。違法建築など基準に達していない住宅は交付されることはないので、注文住宅で建てた家が一定基準を満たしていることの証明と安心を得ることができます。なお、これには10種類の区分がありますが、構造の安定に関することに含まれるのが耐震等級・耐風等級・耐雪等級の3つの項目です。これらは地震・暴風・積雪などの災害にどのくらい耐えることができるのかこれを評価する項目、最近は各地で大きな地震が発生することからも気になる人は多いのではないでしょうか。

防火地域の注文住宅はそのほかの地域より建築費が高い

注文住宅とは施主や入居する全員の要望を多く取り入れ建築が可能な工法であり、それだけに完成した家に対する施主等の責任は大きなものになっていくのです。どのような家を建てていいのかを定めた法律には、まずは都市計画法が存在しその定めには従わなければなりません。例えば建築地には建物が密集している場所であり、幹線道路に面していたとします。おなじ法規でも建築基準法もあり目的とすることに住民の命と、財産を守り抜くという大きな目的が含まれているのです。前述のような敷地は防火地域として定められ使用する部材や構造に、建蔽率や容積率にも厳しい制限が加えられているのです。万が一火災が発生した場合でも入居する全員の命を守るための部材や構造にし、緊急車両の動きを妨げないためにも多くの要件が指定されています。部材は全て不燃材を使用し煙の周りを遅くする構造である必要があり、近隣の住民や建物も守りやすくしなければなりません。このように建築資材への制限や構造に対する配慮などを考えれば、間違いなく注文住宅の建築費はより高いものとなってきます。

耐火性能のアップで注文住宅の火災保険費用を節約

火災保険は、注文住宅を購入したら必ず加入しなければいけません。 加入しておかないと火災が発生したときに補償を受けられなくなり、隣家に延焼した場合の補償もできなくなります。 家財道具の補償も受けられ、地震や水災時にも安心できるタイプもあるので絶対に入りましょう。 しかしもしもの時の安心が手に入るとはいえ、保険料はかなりの負担です。 支払う金額や方法はそれぞれで異なりますが、決して安くはないので少しでも節約したいと考えるのは当然でしょう。 保険料を少しでも節約したいなら、注文住宅は省令準耐火構造にするのがおすすめです。 省令準耐火構造の注文住宅なら、保険料を大幅に節約することができます。 一般的な木造の注文住宅より火災に強くて安心できるだけではなく、おまけで保険料も節約できて金銭的な負担が軽くなるなら、嬉しいことばかりといえるでしょう。 災害が発生したときや火災保険料のことまで考えると、取り入れたいおすすめの仕様です。

構造材より壁や窓の影響が大きい注文住宅の耐火性能

注文住宅の家に使う建材は、燃えにくさを持つものを使うことで火災が発生したとしても家全体が燃えるまでには時間がかかるので、全焼を免れるといわれています。火災が発生して消防署に連絡してから到着するまで、消防署は火災による災害を最小限に抑える目的で通報を受けてから5分以内に火災現場に到着することを目標にしているといいます。通報が早ければ早いほど被害を最小限に抑えられる、しかも耐火性能が高い注文住宅ならなおさらです。ただ、燃えにくい建材といっても絶対に燃えないとはいい切れませんし、出火場所が台所などの場合は一気に燃え上がる可能性もゼロではないわけです。実は、家が燃えにくいのや燃えやすいのか、これは構造材だけでなく壁や窓などの影響が大きいといいます。壁に使っている素材により、燃えやすさも高くなる、窓が大きいと空気が入り込むので火は酸素が多いとより燃える性質があるなど、このような理由からも耐火性能についてしっかり考えることが大切です。

可変性が高い注文住宅はライフスタイルの変化にも対応しやすい

可変性が存在する住宅の相談をしたいときに、最も人気があるのが注文住宅というサービスです。
注文住宅というのは、その名前の通りオーダーメイドで細部まで顧客の方から設計や素材を決めていくことができる魅力的なサービスです。
元々、新築一戸建てはモデルハウスが存在しているケースがほとんどであり、それを参考にしながら物件を購入していくという方法を採用しています。
こういった方法は、あらかじめ決められているプランの中から安定して選択できるというメリットが存在します。
しかし、可変性が存在するというわけではありませんので決められた方向性でのみ新築一戸建てを購入することになります。
反対に、注文住宅というのは全ての業者でモデルハウスが存在しているというわけではありません。
文字通り、全く何もない状態から新しい土地に建設予定の設計を進めていくようになります。
柔軟性や自由度が非常に高い物件ですので、その家族だけの住宅を建設することができます。

完成前の注文住宅も具体的にイメージできるVR技術

注文住宅の家づくりは、家の外観デザインや間取り、そして家の中で利用する設備や建材など一つ一つ予算に合っていて好みのものを選び設計図を完成させるスタイルです。
何度も工務店などの事務所に足を運び1~2時間程度の打ち合わせを繰り返して注文住宅の設計図が完成することになりますが、図面を見るだけでは家のイメージがしにくく家が完成したときに思っていたイメージと違っていた、このようなギャップを感じてしまう人も少なくありません。
最近の家の設計は2次元CADではなく3次元CADを使った開発が可能になっているので、CGやVRなどを使い具体的なイメージを目にできるようになっています。
特にVR技術はCGでは難しい、家の中を自由に歩き回ってこれから作る注文住宅の家の見学ができる魅力を持つテクノロジーです。
設計図を基にVR化でもある仮想空間を作り出して、実際に完成した家の見学を行っているのと同じような感覚で完成前の家を具体的にイメージできます。

注文住宅のコストカットは優先度が低い条件から

注文住宅の建築費を予算内に抑えるためには、条件を整理してコストカットします。
打ち合わせを繰り返しプランが完成したら見積もりをとり、そこから予算内に調整しなければ注文住宅は建てられないため、多くの施主が通る道といえるかもしれません。
コストカットをするときは、金額の大きい部分から節約しようと考えるかもしれません。
確かに予算の多くを占める部分をカットできれば一気に費用を節約できるので、予算内にも抑えやすくなります。
しかし金額の大きい部分というのは、施主にとって優先度が高い場合も多いです。
優先度が高い部分が実現できないと注文住宅を建てる意味がなくなってしまうので、この方法はあまりおすすめできません。
注文住宅のコストを見直すときにおすすめする方法は、金額の大きさにかかわらず優先度の低い条件からです。
優先度の低い条件は実現できなくても後悔する可能性が低いので、この点を意識ながら予算内に調整しましょう。

注文住宅に向いている人と向いていない人

注文住宅に向いている人は、立地にこだわらない人です。
注文住宅は土地選びも重要で、こだわりが強すぎると選択肢が限られます。
具体的には駅近の便利なエリアに住みたいなら、選択肢が限られるので注文住宅を建てるのは難しくなるでしょう。
たとえ理想の土地が見つかっても、駅近や中心部なら価格が高くなるため今度は建物の建築費に支障がでます。
すると理想の住まいが建てられなくなり、満足できるマイホームが手に入りません。
立地にこだわらなければ、郊外の安いエリアに土地を購入できます。
土地代を安く抑えられれば、建築費にも余裕ができて満足できる家が建てられるでしょう。
つまり生活に便利なエリアに住みたい人には向いてなくて、逆に多少不便な郊外でも良いと考えている人には向いています。
その他にも注文住宅の建築には1年程度の時間が必要になるため、急いでマイホームを買いたい人には向いていなくて、向いているのはゆっくりと家づくりができる人です。

土地購入と同時に始められる注文住宅

注文住宅は設計と施工に時間がかかりますが、早めにプランを選ぶと早期に完成させることができます。
土地探しと並行してプラン選びを行うと、宅地の購入と同時に注文住宅の建築を開始することができます。
宅地分譲と設計にも対応した工務店を活用するのが、家づくりをスピーディーに進める最善の方法です。
希望する面積と価格帯の宅地を探してくれる工務店を選ぶと、土地購入の直後に基礎工事をスタートできるようになります。
一方で耐久性に優れた家を建てるためには、土地の状態に合わせて設計する必要があります。
更に地盤が弱いエリアでは、補強工事を事前に行うことが大切です。
地域の実情に精通した工務店であれば、敷地調査を行って耐震性にも優れた注文住宅を新築することが可能です。
そして理想のマイホームを実現する上では、家族の要望を取りまとめることが肝心です。
ヒアリングを丁寧に行う工務店を利用すると、短期間で家族が快適に生活できる居住空間を手に入れることができます。

注文住宅の断熱性能を上げるなら壁よりも窓に注目

注文住宅で注目を集めるのは断熱性能ですが、実は壁や床よりも窓に注文するのが正解ではないでしょうか。
注文住宅はいくら壁の断熱材を充実させたり床の断熱に力を入れても、窓が疎かだと断熱性能が半減してしまいます。
それだけ窓は熱伝導率が高く、簡単に快適な温度が奪われてしまうことを意味するので、手を抜くことができませんし、注文住宅では十分にコストを掛けることが重要となります。
ポイントはガラスとサッシの性能で、ガラスはペアガラス以上、サッシは熱伝導率の低い樹脂製が適しています。
1枚ガラスに性能を期待することはできませんし、サッシは樹脂が世界的に主流でアルミ製は時代遅れですから、選択に迷うことがないです。
注文住宅はこの2点を忘れずに盛り込むだけでも、快適で無駄が少ない省エネな家が実現します。
夏場は短時間で冷房が効きますし、電源を切っても緩やかな温度変化なので快適が続きます。
一方、冬も暖房の効きが良くなりますし部屋と部屋の温度差も小さくなるので、家のどこにいても快適なのではないでしょうか。

生活の利便性を向上させたIoTに対応した注文住宅

IoTの技術は、人々の生活を便利にしてくれました。
外出先からスマホを使って自宅の家電を操作したりなどなど、生活になくてはならない存在になりつつあります。
注文住宅を作るときも、IoTに対応した住まいにするのがおすすめです。
対応させておくと生活の利便性と安全性が向上し、豊かな暮らしができるようになるからです。
たとえばエアコンが室内の温度を感知して自動運転するようにしておけば、一年中快適な空間になります。
物理的な鍵ではなくタッチセンサーで扉の開閉ができるようになると、鍵を取り出すわずらわしさがなくなるばかりか、紛失のリスクもゼロにすることが可能です。
その他にもドアの開閉を感知し子どもの帰宅をスマホにお知らせしてくれたり、外の明るさに応じてそう名を点灯させたりなどができます。
どれも注文住宅の利便性と安全性を、向上してくれる機能ばかりです。
これから建てる注文住宅には、必須となる機能といえるでしょう。

注文住宅の工夫次第で防げる子どもやお年寄りの家庭内事故

子どもが家の中を走り回っているとき段差で足を引っかけて転倒してしまう、お年寄りなどの場合も段差があると躓いて顛倒するリスクがあるので、注文住宅の家を建てるときには段差がないバリアフリーな住宅にすることが基本です。
他にも、階段に滑り止めを設けることや手すりを付けるなどは基本です。
家庭内事故をゼロに導くためには事故が起こらない環境にする、注文住宅では可能な限りバリアフリーな家づくりを目指すことが重要です。
脱衣所や浴室に暖房を入れる、家の中の温度差をなるべく減らしてトイレの中も寒さを感じないなど、これも家庭内事故を防止するために欠かせないものです。
特に、冬場の浴室は急激な温度差で心臓への負担が大きくなりヒートショックのリスクを高めてしまいます。
脱衣所で洋服を脱いでも寒さを感じにくい温度になっているなど、注文住宅の家づくりなら最初から暖房設備を導入できるようになるので、ヒートショックなどのリスクを軽減できるわけです。

欧米の生活スタイルへの憧れから広まった注文住宅でも一般的なダイニングキッチン

注文住宅で家を建てるとき、海外にあるオシャレなデザインの家にしたいなど、日本の古風な家よりも洋風デザインを取り入れた家や輸入住宅に注目が集まっています。
外観以外にも、欧米の生活スタイルにあこがれを抱く人からの注目を集める注文住宅といえば輸入住宅です。
輸入住宅と一口にいっても欧米や北欧、カナダなど色々な種類がありますが、一昔前は輸入住宅は日本の気候に合わないので良くない、このようにいわれた時代もありましたが技術が進化したことで日本の風土にマッチする輸入住宅が提供されるようになりました。
ダイニングやキッチンは注文住宅の中でも特にこだわりたい部分、お客さが来たときにうらやましがれるようなシステムキッチンや欧米の生活スタイルを真似できるようなダイニングにしたいなど、注文住宅だからできるメリットもあるわけです。
ちなみに、海外の家は家族との団らんの時間をとても大切にしているので、家づくり中ではリラックスできる広々したリビング儲けをことを重要視しています。
家具およびインテリアはあまり置きない、すっきりとした空間にして天井を高くして開放感を作り出すなどのこだわりがあります。

注文住宅に太陽光発電はお得なのか?

注文住宅の家を建てるとき、オール電化と自家発電設備を同時に導入する人も多くなっていますが、両者を併用することで電気代が高くなる時間帯は太陽光を使った発電、安くなる夜間は発電ができないので電力会社が供給する電力を使うなど光熱費の節約効果への期待が高まります。
仮に、オール電化のみの場合は新矢野電気料金は安くなる半面、日中の電気代が割高になるので今までよりも多くかかる可能性もゼロとはいい切れません。
その点、太陽光発電を導入しておけば電気代が高い時間帯は太陽の光エネルギーを電気に変換できるわけですからお得感を得ることができるわけです。
これは、注文住宅の家だけでなく既存の家でも同じことがいえますが、太陽光を使った発電は屋根の傾斜角度(30度)と太陽との向き(南向き)、この2つの条件を満たす屋根にすることで発電量が最大となり、より多くの電力を変換できるなど注文住宅なら太陽光発電に適した屋根で家づくりができるメリットもあります。

著者:石本功一

筆者プロフィール

京都府京都市出身。ハウスメーカーで働いていたときに得た知識を生かしてライターの仕事をしています。注文住宅に関する記事をまとめていますので、興味のある方はご覧ください。
京都の注文住宅